医学生のみなさまへ

江東病院 副院長・研修管理責任者 梶原 一

順天堂大学/整形外科部長・研修管理委員長

専門分野:股関節外科・脊髄生理学

                                ■日本整形外科学会専門医・指導医

                                ■日本整形外科学会認定リウマチ専門医

                                ■日本整形外科学会認定脊椎・脊髄病医

                                ■日本骨粗鬆症学会認定医

                                ■順天堂大学整形外科 客員准教授

                                ■東日本整形外科学会 評議員 

 

江東病院は東京都の城東地区における地域密着型の総合病院です。当院では内科系、外科系のほぼすべての科の研修が可能です。大学病院の准教授、講師クラスの医師が指導の責任者となり、多くの上級医が親切かつ適切な指導を行っています。

 

1年次に7カ月ローテーションする内科は臓器別に分かれ、専門の医師がグループで指導を行っています。外科系は、消化器外科と整形外科をローテーションします。外科は消化器内科とともにチームを組み、センター病棟で指導を行っています。整形外科では主として外傷のプライマリーケアと手術治療を学びます。3ヶ月間の救急診療では、成人、小児の2次救急診療にあたるほか麻酔科で全身管理を学びます。さらに2年次は必修選択科と地域医療以外は選択肢の自由度を高くし、希望があれば順天堂大学の附属病院(本郷・浦安・江東高齢者)などの協力型病院に出向できるプログラムを組んでいます。したがって当院の研修では、多くの研修医が希望するcommon disease を経験するのみでなく、より専門性の高い疾患に関する医療も経験できると考えます。志望科での研修を希望する研修医だけでなく、初期研修で進路を決めようと考えている研修医も、是非当院の初期研修に参加してみて下さい。